竪型遠心・斜流ポンプ

特 徴

 

 ① 軸封装置

   軸封位置が液面より高い位置にある為、実液漏洩は皆無。

 ② 自動運転

   呼水が不要で、液面でのON,OFF制御が容易な為、自動運

   転に最適です。

 ③ キャビテーション

   吸込条件の安全な位置にインペラー(羽根車)が設定できる為

   キャビテーションの発生は皆無です。

 ④ 振動の抑制及び液中メタルの長寿命化(Aタイプ)

   当社独自の静圧軸受(PAT.1033794)を付けることにより、

   シャフトと液中メタルが非接触で回転し、メタル部で発生する

   振動及び摩耗が抑制されます。

 ⑤ 液中メタル無し(Bタイプ)

   シャフトの危険速度を十分考慮した太いシャフトを使用し、ス

   ラリ溶液、スラリ+酸、又は、シャフト及びメタルに適当なも

   のが得られない強酸でも採用可能です。

 ⑥ 竪型ポンプでの吸上げ(BSタイプ)

   竪型ポンプでは、常識的に吸上不能と考えられるものでも、羽 

   根車の裏側に付いた裏羽根の効果により、吸上可能となる。

 

 

材 質

 

 スワイゼン、パイロン、パイロメット合金、汎用ステンレス、

 ゴムライニング 、チタンに対応可能。

 

 

構 造

 

  潤滑方式及び油封装置

   通常、潤滑方式及び油封装置は下記となります。

    

      グリース給脂方式(開放型ボールベアリングを採用)

      油封装置 : オイルシール式

    

 

使用例

 

 主に化学プラントの排水処理設備